沿革

 

昭和30年 創業者である近藤道哲が個人で運送業を開始する。
昭和35年10月 新潟陸運局長より小型貨物自動車運送免許を受ける(新陸自貨662号)法人化、六郷小型貨物自動車運送株式会社として設立登記し、代表取締役に近藤道哲が就任する。資本金230万円、営業区域秋田県仙北郡、大曲市、横手市
昭和62年8月 資本金690万円に増資
平成2年4月 物流二法施行に伴い、免許制度から認可制度へ移行し、一般貨物運送事業、利用運送事業等4事業の認可を受ける。
平成6年5月 資本金1035万円に増資
平成9年2月 秋田営業所開設
平成13年7月 資本金2070万円に増資
平成15年7月 資本金3000万円に増資
平成17年7月 秋田営業所を現在地へ新築・移転
平成17年12月 全車両デジタルタコグラフ装備
平成19年4月 倉庫担当者および配送担当者の派遣を中心として特定人材派遣業開始
平成19年3月 資本金3500万円に増資
平成19年7月 お取引先様の施設を賃借し食品共配事業を開始
平成21年7月 大仙物流センターに冷凍設備を増設
平成22年4月 全車両ドライブレコーダー装備
平成22年6月 代表取締役社長に近藤哲泰が就任(近藤道哲は代表取締役会長に就任)
平成23年12月 食品卸売販売業開始
平成24年12月 秋印株式会社と「資本・業務提携の覚書」締結・調印
資本金3550万円に増資
平成25年6月 大仙物流センターを拡張するため、お取引先様施設を購入
平成25年8月 本社駐車場を拡張
平成25年10月 大仙物流センター増設工事完了
平成26年7月 本社駐車場を拡張(第2期工事)
平成26年7月 介護施設向け引っ越しサービス「住む~ぶ」開始。同時に福祉整理、御遺品整理事業も合わせて開始
平成26年12月 尿素水エコツーライト製造工場を秋田営業所内に竣工し、製造販売を開始
平成27年10月 デジタコ、ドライブレコーダーを全車両最新の機器に入れ替え
平成28年3月 大仙物流センターの照明をLED化
平成28年4月 秋印(株)と共同出資して、IPP株式会社を設立